エステやクリニックで脱毛するなら日焼けは避けよう

エステサロンやクリニックで脱毛する事を考える時には日焼けを避けるようにする必要があります。そして施術を行う当日だけの話では無く、通っている間は常に気を日焼けしないように気をつけなくてはならないです。



日焼けするのがどうしてダメなのか、その理由は脱毛する仕組みに大きく関係しています。

エステサロンもクリニックもどちらも同じ仕組みで脱毛していて、光を体毛が生えている部分に照射する事で体毛の中のメラニン色素が光を吸収し、それを熱として毛根の毛乳頭にダメージを与えているのです。

肌の中にもメラニン色素は含まれているのですが、体毛に含まれているメラニン色素とは濃度が異なるので、日焼けしていない状態であれば反応しないように調整されているので、日焼けしていない状態であれば肌は反応しないようになっています。

ところが日焼けしてしまうと肌を守るためにメラニン色素が生成され、それによって日焼けしていない場合ならば問題ない光でも、肌が反応してしまって火傷してしまう可能性があるのです。
日焼けの程度にもよりますが、そうなると脱毛するのが難しくなり、場合によっては日焼けが落ちるまでの間は処理を中断して休まなければならなくなってしまう可能性があります。



そのためにエステサロンやクリニックで脱毛するのであれば、日頃から日焼けしないように気をつける必要があります。



外に出る機会が多い人は特に注意が必要で、日焼け止めクリームなどでしっかりと対策をとった方が良いです。


Copyright (C) 2016 エステやクリニックで脱毛するなら日焼けは避けよう All Rights Reserved.