男性と女性、脱毛施術の違いは

男性と女性とでは、最初に脱毛を行おうと考えるきっかけになるムダ毛の部位が違います。

女性は腋毛が最初にチャレンジする部位であるのに対し、男性はひげや胸毛が多い傾向です。

また毛質も違い、男性のほうが密度が高く、毛も太く、硬い、女性はそこまでではないという毛がほとんどです。

今主流の脱毛方法はレーザー脱毛ですが、レーザーの場合、硬さや密度によって、出力を変えます。男性の毛には、女性よりも高い出力で照射するのが一般的です。



女性の場合はエステでも対応している店舗が多いにもかかわらず、男性の場合には医療機関で行うものがほとんどになっているのは、エステで扱える光の出力の上限が決まっており、男性の体毛に対応できない場合が多いからです。



エステで男性に対応している店舗は、ニードル脱毛で行うことがほとんどになります。

女性ではエステでもある程度の結果が得られることもあるのですが、男性はほとんど満足できる結果が得られないということなのでしょう。医療機関で行う場合、それだけ出力を上げますので、痛みもそれに比例して大きくなります。

もちろん痛みの感じ方には個人差もありますので、全く平気だったという人もいますが、かなりの割合で苦痛を感じる人もいます。そのため、男性が施術を受ける時には、麻酔が使われることが多くなります。
塗る麻酔の影響は、レーザー光が働く深さよりも浅い部分で効いていますので、痛みの緩和には役に立たないケースもあり、近頃は笑気麻酔が広く用いられています。



Copyright (C) 2016 男性と女性、脱毛施術の違いは All Rights Reserved.