脱毛施術前の飲酒はトラブルのもと

快適に脱毛施術を受けたいなら、施術前の飲酒は控えましょう。
飲酒をすると、血行が促されることで、皮膚が敏感に反応します。
光やレーザーを照射した時に、痛みが強く出たり、肌荒れを引き起こすリスクが高まりますので危険です。そのため、多くのサロンやクリニックで、施術前に飲酒をした人に対する処理を断っています。


せっかく来店、もしくは来院しても、施術を受けられないのでは無駄足に終わってしまいます。

脱毛施術当日に限らず、前日においても飲酒は控えるのが基本です。

アルコールの効果は12時間くらい体内に残るとされており、その間はまだ血行が活発で、体温が上昇した状態が維持されます。



もし、施術前日に飲酒をしなければならない状況になったなら、その回の施術は諦め、キャンセルの連絡を入れることをおすすめします。
キャンセル料が発生するのが気になるのなら、キャンセル料を一切取らないサロンやクリニックを選ぶようにしてください。

しかし、キャンセル料が発生しないからといって、頻繁にキャンセルするのはあまり好ましい利用方法とはいえませんので、注意してください。
飲酒以外にも気をつけたいポイントがあります。

日焼けをすると、やけどのリスクが高くなります。
脱毛施術前に毛抜きやワックスでムダ毛を取り除くと、効果が弱まってしまうため、避けましょう。



予防接種を受けた直後だと、施術を受けることができません。



脱毛施術当日から1週間よりも前に、予防接種を受ける工夫をしてください。

Copyright (C) 2016 脱毛施術前の飲酒はトラブルのもと All Rights Reserved.