スキーツアーと無形財

社会には財が出回っており、それぞれ有形財及び無形財という二種類に分類することが可能です。有形財は形が存在するものであり、具体例としてはパソコンや書籍を挙げることができます。それに対して無形財とは形が存在しないものであり、例として鉄道会社による輸送サービスを挙げることが可能です。なお、スキーツアーに関しては後者の無形財に含めることができると言えます。

スキーツアーは旅行会社が提供するサービスのため、形が存在しないという条件を満たすことになります。そのため旅行会社によって供給されるスキーツアーは、無形財の種類に入ると指摘することができます。有形財においては、料金を支払うことによって製品などを獲得することができます。無形財においても、代金を払うことによりサービスの消費を行うことが可能です。

スキーツアーでは、旅行会社に必要なお金を支払うことにより参加をすることができます。そのため、後者のオアk値を支払ってサービスの消費をするという範囲に入れることが可能となります。世の中には有形財と無形財が存在しており、それぞれには色々な種類が存在しています。旅行会社が開発を行う旅行商品に関しては、無形財のカテゴリーに含めるということができます。

そのため、旅行会社によるスキーツアーについても無形財の一つとしてカウントすることが可能です。なぜならば、形というものが見えないため無形財のタイプとして見なすことになるからです。スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です